これからはVIO脱毛も定番

これからはVIO脱毛も定番

  • TOP
  • 矢印 矢印 どうしても脱毛サロンへ行くことができない場合

どうしても脱毛サロンへ行くことができない場合

予算や恥ずかしさ、通う面倒さなどが気になって、VIO脱毛を自分でしようと考える方もいるでしょう。
自己処理が大変難しいパーツですから、正しい知識を持っておかないとトラブルを引き起こすことになってしまいます。

. . .

正しいVIO自己処理方法

記事イメージ

デリケートな部位を処理する際はカミソリ、毛抜きなどは絶対に避けましょう。ムダ毛が太いことが多く、埋没毛を起こしやすいです。また保湿をきちんとしないと肌荒れや色素沈着をおこします。
自己処理するなら、もっとも肌トラブルが少ないといわれている電気シェーバーがおすすめです。焼き切るタイプのもので、伸びたムダ毛がチクチクしない処理方法もあります。ただいずれも、またすぐ伸びてくるという点は覚悟しておきましょう。
除毛クリームやムースはデリケート部位には適していないものが多いです。Vラインは使えても、OラインやIラインの脱毛はできないものもあるため、購入時に必ず確認しましょう。
最近は家庭用光脱毛器も販売されています。価格的には5万円台以上のものもあり、初期費用としては高く感じます。また出力も抑えてあるため思った効果が得られない、照射できる部位が限られているなど、購入をためらってしまうかもしれません。しかし、決まった時間にサロンに行く難しさや、思ったような効果が得られず結局予算オーバーとなるなら、自分のペースで処理できたほうが安心という方も多いでしょう。見られる恥ずかしさも感じなくてよいのです。

まとめ

VIOの自己処理はやはり難しく、適切な方法とケアがとても重要です。
それでもすぐにはサロンに行けない場合や、サロンに行き始めてまだ自己処理が必要な時もあるため、正しい方法を知っておくことは大切でしょう。

. . . . .

こちらの記事もおすすめ